忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 や護憲一辺倒の政治団体が良く陥りやすいの1つで、「であり、法ではない」というのがある。然し、仮にが法で無くただのであるならば、わざわざにする必要性は無く、またという概念すら存在し得ない。とは根本的な考え方である。ゆえに、にしてそれに反する者を罰する行為は、単なる考えの押し付けにして、国権の濫用によるである。よって、と見なすのは相当の無茶がある。
 これゆえ、も法である。他のと異なるのは、の根幹や土台を為すもので、の親分的存在にいることである。物に例えるなら、はビルや家などの建築物、はそれを支える基礎や土台である。年月の経った建物のあちこちにヒビが入ったり、各部の歪みで窓枠に隙間が出てしまうのと同様に、も社会の変化や各種文化の急速な発展にしたがって、機能を妨げる歪みが発生して時流の変化に合わなくなるものである。よって、時代の流れにしたがってを改正するのは極当たり前の事である。尤も、現段階における改正も、外装だけ煌びやかにして内装がほとんど変わっていない程度なのだが。
 並びに、土台が腐っていたり、基礎がガタガタの状態ではどんな建築物でも危険である事と同様に、が時代に合っていてもが時代に合わなければ、そこから各種のが生じる。実際問題、現によるも半世紀前の時点から既に存在しており、本来ならその歪みが微少であるうちに改正していくべきだった。然し、発生したを消すための改憲は、非現実的理想論を是とするの跋扈によって、"軍国主義への懐古"と置き換えられ、かつ改憲の真意は蔑ろにされ、当の政府はの拡大解釈という、非常に付け焼刃的な手段を取った。このため、現は時代にそぐわないの山を抱えた、錆だらけで崩壊寸前の""と成り下がった。
 現在、50年遅れて漸く政治家の一部が改憲の必要性を感じ取ったようである。ただ、は以前記事で紹介した通り、偏屈な考えしか持っていない。学習能力も乏しいせいか、ほとんど同じ事しか言わない。現代に生きている普通の人間ならば、の持つや誤解、そして言い分が綺麗事の山であることくらいすぐに判別でき、連中に染まる事はありえない。ゆえに、が自分達の過ちに気付く時とは、に縛られたが、時代の変遷についていけず国際社会から孤立するのが目に見えて来たときだけである。然し、私は其処まで放置しようと思っている訳が無いし、そんなでは無い。
 よって、現時点、は国家を犠牲にしてまで叶わぬ夢を見続けて現実を蔑ろにし、いずれは国家を滅ぼす要因となり得る存在である。

[関連記事]
護憲派及びサヨクにありがちな思考パターン ─私が中道右派を自称する理由─
護憲派にありがちな妄想 ─非常な極端な人達─
GHQによる"呪縛"からの遅過ぎる脱却 ─憲法改正─
ブログランキング


[関連リンク]
【改憲派・反護憲】
    
・反改憲】
 
・軍隊不要論者】

【中立その他】
 

[関連リンク](URL付き)
【改憲派・反護憲】
http://plaza.rakuten.co.jp/tamakunagao/diary/200705210000/
http://blog.goo.ne.jp/makinorianakinorian/e/d5da23a6835cb6bb2a8f2a30
fb4c3c6b

http://farmer-mr-aoi.seesaa.net/article/42408261.html
http://buttercup.exblog.jp/5419143
http://blog.zaq.ne.jp/tachikoma/article/818/
・反改憲】
http://kitanomizu.exblog.jp/6154076
http://plaza.rakuten.co.jp/jupitersugi/diary/200705200000/
・軍隊不要論者】
http://masdart.exblog.jp/6147601
【中立その他】
http://tmkngok.exblog.jp/5627607
http://ameblo.jp/nininn2sannkyaku3/entry-10034183756.html

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
桝添要一が気持ち悪い…!
参議院議員 桝添要一が気持ち悪い…。 …といっても、 顔や目つきがというわけではなくて、 彼の政治的な姿勢が気持ち悪いのです。 4月から「朝日ニュースター」では、 桝添要一氏がレギュラーを務める 「政治学原論」という番組がスタートしました。 http://www.asahi
URL 2007/05/28(Mon)08:53:25
公明党が政権与党であることの異常性。
草野厚という名の 慶応義塾大学総合政策学部教授がいます。 http://www.kouenirai.com/profile/800.htm サンデープロジェクトなどのコメンテーター として出演する彼の姿を テレビの画面で見かけた方も多いことでしょう。 しかし彼は、 いつも話題を遮るような筋違
URL 2007/05/28(Mon)20:52:58
官僚のチョンボを国民に押し付けるな!
まだまだ納得がいきません。 この国は骨の髄まで腐りきっています。 え? 「何が?」って…? いやいや…、いろいろあるのですが、 今回は薬害C型肝炎の問題を取り上げてみたいと思います。 先日放送された 「たかじんのそこまで言って委員会」 のエンディングで、
URL 2007/05/29(Tue)16:51:40
死すとも罪は免れない! ~日本人の悪い癖~
緑資源機構による官製談合事件の捜査が進められる中、 疑惑の総合商社、 松岡利勝農水相が自殺しました。 そして今日、 官製談合システムの生みの親とされる 緑資源機構の陰の首領、 森林開発公団(緑資源機構の前身)で理事を務めていた 山崎進一氏も自ら命を絶ちました
URL 2007/05/29(Tue)18:19:57
田原総一朗は何故頭が悪いのか?
最近、 田原総一朗がやたらと 「憲法改正問題をどうするか…?」 と騒ぎ立てていますね? 「サンデープロジェクト」、 「朝まで生テレビ」…、 このようなブログを書いている立場上、 これらの番組を どうしてもチェックせざるをないのですが、 (嫌なら観なければいい
URL 2007/05/30(Wed)22:24:17
医師はちゃんと選ばれているのか?
データだけで社会を分析することの危険性は 重々承知しているつもりですが、 それでもどうしても解せない現実を そこに読み取れることもまた事実です。 今、日本には3大国家資格とされている 超難関資格試験があります。 それは以下のとおり。 1.司法試験 2.公認会
URL 2007/05/31(Thu)03:45:47
政治家の言葉遣いを疑おう!
5月27日放送分のサンデープロジェクトで、 「与党のハンドルを握れるか?  公明党 太田代表の覚悟!」と題したコーナーに 公明党の太田昭宏代表が出演し、 今年夏の参議院選挙に向けての 抱負と意気込みを語りました。 「サンデープロジェクト」のホームページでは
URL 2007/06/01(Fri)00:38:32
人類の最大の敵とは何か? ~殺された人々へのレクイエム~
人類にとっての最大の敵とは、 他でもない我々人類自身です。 有史以来、 地球上のさまざまな地域で、 多くの罪なき人々が人間の手によって 殺されてきました。 誰がブッダなのか…。 どこにエホバがいるのか…。 いつキリストが現れるのか…。 どのようにアッラ
URL 2007/06/01(Fri)05:32:59
報道番組を観てはならない!
小泉純一郎を総理に奉り上げたのも、 就任後高い支持率を維持させたのも、 すべてマスコミ、 特に、 テレビというマスメディアです。 各局が放送している夕方のニュース番組や、 古館の報道ステーションを観て下さい。 報道番組とは名ばかりで、 視聴者の情動を煽る事
URL 2007/06/01(Fri)19:55:38
「二度と改憲を口にできないよう決着をつけよう。」by赤旗
憲法守れ 新たな出発 熱気の緊急集会3200人 東京(しんぶん赤旗) 市田書記局長あいさつ  「憲法改悪反対」「参院選で改憲勢力に審判を下そう」の唱和が国会周辺に響き渡ります。改憲手続き法の強行に抗議し、憲法闘争の強化をめざす中央決起集会が十六日、東京・日比谷野外音楽堂で開かれました。国会に請願デモ後、国会前に座り込みました。緊急に呼びかけられた昼間の行動にもかかわらず三千二百人が集まりました。  「やるしかない」と語るのは、山梨県の新日本婦人の会の石原靖子会長(60)。「『いまの政治は...
URL 2007/06/03(Sun)01:22:26
何故人間はここまで残虐なのか…? ~風習の中に潜む病理~
別にオカルト趣味というわけではありませんが、 あまりにも気が滅入ってしまったので、 今回このブログで取り上げてみようと思い起ちました。 これは人間すべてに潜在する本性なのか、 それとも、 ある特定の人種だけが有する特徴なのか、 それを判断することは私にはでき
URL 2007/06/03(Sun)04:28:47
宮崎哲弥を信じてはならない!
またまた 世界が混迷の闇へと突き進んでいることを教えてくれる 衝撃的なニュースが飛び込んでまいりました。 テレビのニュースなどでも広く報じされているので、 ご存知の方も多いでしょうが、 それは、 世界銀行の不祥事にまつわる一連の事件です。 アメリカのブッシ
URL 2007/06/03(Sun)10:40:50
政治家の言い訳を許してはならない!
テレビに出演してコメントしている政治家は いつも次のような綺麗事を口にします。 「この問題は国民にとって  とても大事な問題です。  今後も国民的な議論を  きっちりと行っていかねばなりません…」  …って、おい!  アホか、あんたら…!  何だよ、「国
URL 2007/06/04(Mon)05:15:38
特別年金相談員をやってみて
特別年金相談員に初めて行ってきた。感想としては、結構忙しい。へたすると昼食の時間も取れるかどうかといった雰囲気。まだそれほど相談件数は多くないとのことだが、それでもひとり当たりに掛かる時間が大きいので、行列ができてしまう。だから今後、来所者が増えてくる...
URL 2008/02/06(Wed)00:29:53
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]