忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

に対応する気や能力の無い者は、間違い無くである。
 現代社会を語るに必要不可欠な媒体、それがである。1995年ににが爆発的に普及し、PCを持っている事が珍しくなくなった頃からは急速に発展していった。尤も、それ以前より衛星放送などによる多チャンネル化が齎した「情報化社会」が形成されているため、のような双方向メディアがに取って替わる存在になるのはある程度予測されていたはずである。
 Windows系OSと個人向けPCの普及で、自動的に発展したのがである。探している情報を好きなだけ探せる基本的な事から、HPやメール等による相互情報の交換、通信設備の向上に伴ったゲーム等が個人単位で可能になった。所謂「情報社会」と言われているもので、此処からについていけない、又はついていこうとしないが発生し始めている。
 現在、国内における普及率は70%を超えると言われている。尤もこれはPCだけの様なので、携帯も入れればその率は遥かに上昇する事と思われる。其処から判断すれば、現代はを中心とした「」と断言でき、あらゆる事がに合わせて構築されなければならない。当然ながら、といった一方向垂れ流しのにとって替わる双方向、5年位前に誕生していなければならないものである。
 残念な事に、このテのと言った権力持ちに多数存在しているため、連中がの発生やの発展を妨害しているとも言える。彼等の共通点は、公表されたくないを抱え、情報が個人から発信される事を良しとせず、への対応力や認識力が10年以上遅れている事である。
 この項におけるの見分け方は実に簡単である。以下の項目が1つでも当てはまる者はの仲間入りをしている事になる。

を使える事がごくごく当たり前の現代社会で、未だに""なんて言葉を臆面も無く使う者(※注1)
で「ネット怖い」とのニュアンスを醸し出すコメントを出した者、並びにそんな記事を書いた者(※注2)
に対して、何の根拠も無い不信感を煽って規制させようとする者(※注3)
で得られる情報よりも、の情報を過信し、それをに押し付ける者(注4)
ではでも何でも、その責任は個人に帰結する事を根本的に理解出来ない者(注5)
◎データ送信する手段があるにも関わらず、未だに書類提出で情報交換させようとする者(注6)

 これだけでも、ほぼ全てのが当てはまってしまう。特に、現代の政界や財界からを辞めさせると、殆んど人がいなくなってしまうのが現状である。尤も、対応出来る能力のある者は辞める必要は無いのだが、対応する能力も無い者は、社会発展の構築を阻害する要因であるので、直ちに引退すべきである。
ブログランキング


(※注1)とは、Windows95が普及する以前、PCを持ち、尚且つに接続できる環境を持つ人の蔑称。尤も、の本来の意味からすれば、ネットを極めた存在とは到底言えるものではなく、完全に間違った用法であると言える。未だにその言葉を使用している者は、への認識力不足を自ら公表しているに等しい。
(※注2)次に書く「信者」でも取り上げるが、の様々ながネット上で明らかにされ、偏重と広告企業への媚売りといった、腐敗した企業体質が明らかになってきた頃からが取っている手段。個人レベルではなく企業レベルで行っているため非常に性質が悪いが、その行為が却って自分達の首を絞めている事にも気付いていないのは、たる証拠である。
(※注3)で権力を握っている者や、ネット規制法を推進する者に多い。前者は、を淘汰する存在になる事はある程度理解しているものの、淘汰されないために何をしたら良いか解らないので、淘汰される時期を先延ばししようとしている小心者である。後者は、個人の責任とプロバイダの責任を混同している者で、番組における無責任なに多い。タチが悪い者だと、不信感を煽るような状況を自分で作り出し、それを大々的に抜き出して規制に持っていくバカもいる。にもこのタイプがいるが、実際にはネットどころかPCすら扱った事の無い傾向があり、単純に無知なだけである。
(注4)比較的大きな企業の上層部や役員に多い。基本的にで、過去の常識を引きずっている特徴を持つ。基本的には自覚して直せば容易にになれるものだが、このタイプは言っても認識すらままならない重症患者である。周囲がに対応し、孤立無援の状態にしてやっと気付くものである。
(注5)番組ので比較的有名な人に、これに該当するのが複数いる。タイプで、組織と個人の区別がついていない。殊更、世界最大とも言われる超巨大群「」が絡むと、この類のたる本性を表し、結果としての嘲笑の的となるケースが多い。
(注6)以前の問題とも言える。企業の上層部や役所に多い。溢れんばかりの書類が積み重なった机と、データファイルの入ったPC一台が乗った机と、作業効率も検索効率も雲泥の差がある事は誰でもわかることである。その一時的な書類のために出る紙ゴミの量やその諸経費を考えても、書類提出を迫る事は無駄以外の何物でも無い。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]