忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 となってから今まで()を投じ続けているが、私自身徒にを投じている訳ではない。厳正なるが存在しているからこそ、()を平気で投じ続けられるのである。判断も存在せず、だけを気にして合わせるとは格が違うというものである。
 前にも書いたが、私は、まず最初に個人の考えている具体的から、現代社会に合ったものを選び、投票にしている。少なくとも国民(県民、市町村民)の代表である意識を持つ者は、具体的が必要不可欠である。無しに立候補している者は、目先の利権しか見えていない者であり、民衆を"票を投じる機械"程度にしか考えていない事を証明している。ゆえに、具体的を掲げていない者に投票する価値は全く無いため、まず自分の名前だけを連呼している者はこの時点で弾かれる。(ほぼ全員が、この前提条件の時点で投票候補から消える)
 次に、全体的なである。これは前述の具体的が存在している事が前提である。はさっき挙げたよりも曖昧ではっきりしないが、全体の目的を指し示すものである。つまり、はセットになって然るべき物であり、何れかが欠けていてる状態では、却って民衆を惑わせ、結果的に騙すこととなる。尤も、私が()を投じ続けているのは、をセットで掲げている者が誰一人として存在していないからである。(私はそれがの間にある、非常に明確なの1つとして捉えている)
 が存在している事を前提として、次なるである。の者には関係無い事なのだが、に所属している者は誰でも、何かしらの縛り(?)による影響を受けているものである。それがを制限し、の持っている性質が影響する事は充分考えられる。影響と言っても、大抵はマイナスの方向にしか働かない。私の場合は、これを考慮した上で(※注1)(※注2)(※注3)には入れない事にしている。

 これらが私の投票だが、どうも選挙戦を見てると、どのだけで戦っている感がある。基本的にや個人のは二の次三の次の事であり、なんてものは完全に余計な事である。具体的が無い以上、投票される価値も無い事に気付いている者はどの位いるのだろうか?
ブログランキング


(※注1)創価党池田党とも呼ばれる。支持母体にである(=)を抱え、の大原則に反する、存在の許されない。表向きはとの関わりは無いと言っているが、実際その繋がりは非常に濃厚で、の傘下企業に幹部を送るのは日常茶飯事。尚且つ選挙時にの宣伝を行っているため、関わりが無いと断言することは到底不可能。なお、信者が票田となっている事は非常に有名。私自身、並びに同系列のである(=)と戦っている(現時点では休戦中)ため、党がと完全に離別するまで投票する気は無い。
(※注2)こそ良さげな事を掲げているようだが、それ以外が致命的なレベルでなため、全体的に見るとすらも理想主義の塊に見えてしまうもの。対中隷属との傾向が異常に強く、にもにも異常な反応()を示すという、特有の症状も見せた事がある。
(※注3)…一言で言うと、「声と勢いだけでかくて中身が全く伴わない、無闇にを叫ぶだけのオバちゃん集団」である(爆) 声と勢いだけはやたらでかいが、何か他の党に追従している感じが否めず、非常に中途半端な存在。知識はゼロそのもので、現党首の福島氏が国会の場でぶちかましたから発艦している」迷言は非常に有名になった。(本当、バカそのものだわ…)
[関連Blog]
http://yaplog.jp/naikaku8181/archive/3
http://yaplog.jp/kumantyu/archive/241
http://blog.livedoor.jp/sima2203/archives/50727632.html
http://blog.livedoor.jp/doggy_vow/archives/53863388.html
http://saza-nami.blogspot.com/2007/04/blog-post_24.html
http://rira7.blog19.fc2.com/blog-entry-381.html
http://plaza.rakuten.co.jp/hensyu/diary/200704230000/
http://blogs.dion.ne.jp/s_smelt/archives/5396822.html
http://kujon.exblog.jp/5939667
http://winecellar.blog78.fc2.com/blog-entry-30.html
http://blog.goo.ne.jp/komeyoshi/e/8166ebf081f7853f35922025c8ed550e
http://heiwatekikaiketsu.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_52a6.html
http://kooni.seesaa.net/article/39682186.html
http://mongolia.seesaa.net/article/39637463.html
http://2.suk2.tok2.com/user/hairaokai/?mod=day&y=2007&m=04&d=21&a=0
http://d.hatena.ne.jp/spark/20070416/1176688535
http://blog.goo.ne.jp/yuusit/e/71e270c77415d1aa839ca3cac3bf38be
http://blogs.yahoo.co.jp/il_volo_lazio/2900493.html
http://blogs.yahoo.co.jp/xhfpn211/46404080.html
http://plaza.rakuten.co.jp/nitotora/diary/200704180000/
http://downtown-cat.seesaa.net/article/39754684.html
http://blog.so-net.ne.jp/kaz055/2007-04-21-1
http://jp-boss.seesaa.net/article/38979020.html

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30] [29] [28]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]