忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 さて、録画された2時間の内、流出したのは僅か1/3の44分で、検察や民主党は海上保安官を国家機密漏洩の国家公務員法違反として犯罪者にしようとしている。
 然し、是が成立するには、流出した映像が国家機密であると証明されなければならず、証明されない以上国家公務員法違反は適用されない。
 既に結構周囲でも言われている事だが、私もまたあの映像に国家機密と断言する要素は何処にも存在しないばかりか、“影の総理”たる仙谷が民意に叛いた政治的判断の為だけに、職権を濫用して国家機密指定にしたに過ぎないと考える。寧ろ民主党の弱腰外交に業を煮やした保安官がYouTubeを通して、自分達の正当な対応を国民に広く知って貰う為に“代理公開”したもので、讃えられこそすれ非難されるものでは無い。



民主売国政権の中核

 広く知られている事だが、今の民主党政権は“表向きの”菅直人総理、“影の”仙谷由人書記長、“裏の”小沢一郎統帥(ドゥーチェ)で成り立つ売国政権である。
 鳩山の“土下座外交”より遥かに酷い“躄<いざ>り外交(※注1)”を展開して中華帝国に媚を売る為、領海侵犯を犯した中国の非が明らかな映像を国家機密と詐称したのである。
 正に職権濫用で明確な外患誘致行為だが、是が平気なのは民主党に愛国心が全く存在しない事に由来する。尤も、党単位で掲げている政策が既にそれを裏付けているが、(特に仙谷は)非常に露骨である。
 今回逮捕したのは、本来公開しなければならない映像の一部が流出し、中華帝国に媚びる事が出来なかった仙谷の一種の報復措置と取れる。だがそれは即ち仙谷の更迭を正当化し得る材料と化し、引いては民主党政権の終了の合図を示しているに等しい。
 その内容は国家機密に該当する物は存在せず、海上保安庁が領海侵犯の中国船に対し、(お役所的な対応の遅さは有ったものの)正常に対処していた事を示す内容だった。北朝鮮の工作船同様に、まず真っ先に日本国民に全容説明の為に公開しなければならない映像なのである。
 
 若し、売国政権に対する愛国者の義挙が犯罪として罷り通るのならば、民主党の売国政策の1つ、政府の人権弾圧を正当化した人権擁護法案と併せて、以下のアネクドートが現実になってしまうのである。(広く知られているブレジネフやスターリンのを改変)

 皇居前広場で、国会議員が「仙谷由人(※注2)は売国奴だ!」と叫んでいた。直ぐに警備の者に取り押さえられ、裁判の上、懲役3年と罰金50万円、慰藉料2億円が言い渡された。国家公務員法違反(国家機密漏洩、懲役1年以下or罰金50万円以下)と名誉毀損罪(懲役3年以下or罰金50万円)。

 …で、支持者に未だに日本人が存在しているとすれば、一体どんな幻想を期待しているのか、実に甚だしく疑問多き謎だが、大方“民主党不支持者は全員自民党支持者”とか短絡的な考えと思われる(経験済み)。

<追記>と言うかオマケ。
本当の民意


ですよねーw

※注1…“躄<いざ>る”とは、膝や尻を地に付けたまま進む事である。此処では、中国様(笑)に跪いて擦り寄っている醜態を譬えたものと思われる。
※注2…あれでも一応弁護士の資格持ちなので、本人が原告兼弁護士として相手の見せしめの為にしゃしゃり出る事は容易に想定出来る。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]