忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 さて、民主党が中国や朝鮮の国民の生活の為に、民主党の広報機関に堕し、腐敗し切ったマスゴミを使って日本の国民を騙し、日本の国益や国民の生活を蔑ろにしようとしている政党である事は既に明らかになった。
 ごく一部を除く、マスゴミの凋落が明確化してから結構経つので、私なりに(結党もしていないが)スローガンとマニフェストを掲げてみようと思う。愛国心持つ良民諸君の考えと一致している箇所があれば私は幸いである。
 因みに私の地元である山形県山形市では敵ばかり多くて味方がおらず、私の妥協を許さない信念と意志だけで纏めた為、やや物足りないものがあると思われるが、其処はご了承願いたい。


スローガン:強い日本へ!
└→現公職選挙法の文字制限により、解りにくい物しか出来ない。(仮に)民主党が政権を奪った後なら、“日本奪還”もありだろう(日本国家が存在していれば、の話だが…)
大綱:1.自虐史観・弱腰外交からの脱却 2.在日・売国奴の追放 3.貿易制限による零細企業の景気回復
└→1は言わずもがな、中国や朝鮮のプロパガンダにひたすら屈服し続け、長年にわたり日本近代史を歪曲して国内の売国奴を増長させた事は大きい。故に大胆な政策によりこれらを全て脱する。この為には中国や朝鮮との断交も視野に入れる。2も当然の事で、在日特権が日本に及ぼして来た悪影響は無視出来ず、在日には帰化と帰国の選択を速やかに迫る必要がある。3は、大企業が人件費の安さだけを理由に、安易に海外から輸入している現実を知っての事。私はこれを国内産業にシフトさせる事で、資産流出+αの効果があると見ている。

政策
<憲法改正>
1.日本人だけで製作する。
2.国家防衛の足枷であり続けた9条を廃止し、周辺国家の情勢を鑑みて、集団的自衛権の行使を可能にする。
3.国内外の反日暴動牽制の為、日本国旗の扱いを明確化する。
4.国内の売国奴の異常な多さから、愛国心に関する明確な定義を序文に掲載する。
5.政教分離原則を徹底し、宗教勢力の結党を禁止する。
<法律>
1.警察にすら見捨てられ続けたカルト宗教被害者を救う為、宗教中立法を制定し、全国の宗教団体から中立税を徴収する。
2.同時に、カルト教団を規制し、全ての宗教の影響力を等しくするカルト教団規制法を制定。
3,憲法で保障されている言論や表現の自由を守り、またそれらを侵害する法案を作らせない為の厳罰を設けた、表現保護法並びに言論保護法を制定する。
4.言論・思想統制や表現の弾圧に直結する法律の全廃。
<安全保障>
1.国力維持の為、徴兵制は導入しない。(今の兵士は、一銭五厘で粗製濫造出来るものでは無い)
2.弾薬・燃料ともに最低1年分は備蓄する事。(現在、燃料は1週間、弾薬は僅か3日分しか備蓄されていない)
3.日本全国を余す所無く守れる必要戦力は、最低でも陸・空ともに現在の3倍、海は5倍である。(既存の方針では陸・空は主要都市のみ、海は本土のみが防衛対象の為で、戦術や戦略の運用が拙いと、必要戦力は更に上昇する)
4.情報戦のエキスパートを養成し、機密情報を世界標準並みに管理する部署を設立する。
5.今直ぐ竹島に侵攻し、南朝鮮の不法占領より解放する。(領土防衛は必須事項)
<治安維持>
1.全国の在日全員に、1~2週間の期限付きで帰化並びに帰国を選ばせる。(期限内に回答が無ければ、自動的に強制送還となる)
2.朝鮮総連の解体並びに、在日特権の恩恵を受けて来た国内の組織を全て解体。(在日パチンコ、暴力団など)
3.警察利権を全て封殺する。
4.日本国民に自己防衛概念を浸透させる為、銃刀法を大幅に緩和する。(警察頼りないし)
5.日本全国の売国奴を即座に逮捕。主に懲役並びに国家についての再教育に専念し、精神論的で効果の無い奉仕活動は禁止する。
6.売国組織に破壊活動防止法を適用する事。(国家を破壊する活動を行っているから)
7.詐欺などにより金銭などを奪った加害者に対する罰金を、被害額の50~100倍以上にする。
8.同和団体解体。(新たな差別を生む魔窟)
<教育>
1.中国や朝鮮のプロパガンダにより歪曲を繰り返された、余りにも一方的な自虐史観を撤廃し、朝鮮併合や太平洋戦争に至った経緯や周辺国の状況を理論的に解析する。(正しい歴史を内政干渉によって阻まれている国家って何なの?w)
2.日本人である事を誇りに思い、日本国に生まれて良かったと思えるやや緩い愛国教育を、道徳や歴史の時間に実施。(親の教育も必要)
3.平和ボケの量産による有事意識の無さを克服する為、義務教育に国防を追加する。(平和ボケが危機意識を低下させ、日本をダメにした)
4.自虐史観を推進し続け、完全に売国奴に堕落した日教組を解体。(教育を担う組織が売国では存在意義も無い)
<外交>
 其れまでの極端に弱腰な土下座外交を廃止し、相手と対等又はそれ以上の存在として、毅然とした対応をする。(反日で民度の低い国家に対して腰を低くしてはいけない、ナメられるだけ)
<景気回復>
1.人件費が安いだけで輸入する、安易な輸入を禁止し、国内で作れる物は全て国内で作る。輸入は国内で製造しても足りない場合のみに行う。(これにより、輸送コストの削減と、CO2の削減、更には国内資産流出軽減とGDP並びに雇用増加が見込まれる)
2.国内で製造または作成されたものは、作成した所が複数の上の企業に対してオークションにかけ、最も高い値を付けた所に売る。(既存の安く買い叩くシステムでは、子請けや孫請けで働く人間が生活していけない可能性が高い)
※1と2により、全体の価格は上昇するが、“安物買いの銭失い”となる事は少なくなる。また全体的に大事に使うようになる為、ゴミの削減にも繋がる。
3.全ての企業に社員の育成を義務付け、企業あたりの正社員の割合を、最低7割にする。(即戦力を求めると、人手不足に陥る為)
4.派遣奴隷解放の為、人材派遣業者を全て解体。並びに人材派遣法に厳しい制限を設ける。
5.企業あたりの外国人労働者の割合を、最高1割に制限する。(国内に余裕が無いから)
6.労働基準法に即して全ての企業をランク付けし、定期的に全国に公表する。遵守されていない所ほどランキングが低くなり、余りにも低い所はその詳細を微細に渡って公開する。
<選挙>(主に公職選挙法改正内容)
1.選挙権並びに被選挙権を持つのが日本国民のみである事を確実に明記する。(外国人参政権は一切認めない)
2.全ての政党の政策を比較する為に、教育や外交など各分野に分けて、全ての政策と具体的手段を期限付きで明記させる。後にデータに纏めて全国に公表する。
3.ネット選挙を解禁し、街宣車による選挙を禁止する。(単純にうるさいし)
4.住宅基本台帳ネットを応用して、ネット投票を実現する。(せっかく作ったのに、利用しないなんて可笑しいだろ?)
5.組織票の全面禁止。(個人意思を束縛しては、選挙の存在価値は無い)
<政治>
1.企業献金、並びに個人を間に挟んでの企業献金を全面禁止。(献金にする金があったら労働者に使え)
2.故人献金禁止。(利権欲しさに故人使うか?)
3.全てのデータに紙媒体を使わない。(紙の無駄・嵩張る・効率悪い・時代錯誤、PC使えるだろJK)
4.天下り全面廃止。再就職は原則ヒラから。(非正規社員でも可)
5.国会開始時に、国益並びに国民の利益を優先する事を宣誓する。(売国潰し)
<通信>
1.売国マスコミ並びに売国新聞社の業務停止。(愚民洗脳装置はいらない)
2.通信法を厳密に適用し、偏向報道・やらせ・捏造を行った番組を全て打ち切りにする。(国民を騙しているから)
<少子化対策>
 18歳未満の子供を3人以上持ち、一定所得以下の夫婦に限り、補助金を出す制度を作る。(単純な計算問題)
<福祉>
 年金潰しの自治労を解体。(老人達の生きる道を潰すって酷くない?)
<税金>
1.消費税は5%から上げない。(やる事は多くなるが、利権団体や天下り業者を潰せばその余剰が予算と化す)
2.宗教中立税は、他税金とは別扱い。

 他にも色々と思い付きそうなものだが、長過ぎるのもくどいので。
 投票日、良民は間違っても売国民主党に入れてはならない。売国民主党に投票するのは、自己破滅型のマスゴミ信者だけだ。

拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]