忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 気付いている人もいるかと思うが、私は基本的に他者の言葉をして記事を書く事が殆んど無い。私が単にを好まないからと言うのもあるが、""には便利であるがゆえの大きなが存在しているからである。
 とは、他人の言葉を拝借して自分の言葉とする行為である。自分の言葉で無いがゆえに、そのまで同一かどうかは甚だ怪しいものである。場合によっては、元とした者のの差異の大きさから、全く異なる意味合いを持つ事もある。尤も、文章の受け取り方は人によって様々であるため、完全に一致する事は無いと言っても良い。
 問題はによる批評で、「●●が(文献・記事などで)こんな事を言っていた、だからこれは間違いだ」という感じのものである。文章としてはまともだが、した者の考えが全く無く、元の言葉を拾っているに過ぎない。稀に、複数の著名人の言葉を拾って批評する者もいるが、其処にはした者自身の考えは無く、考えている事すらも読めない。尤も、こう言う事を繰り返している人ほど、実際何も考えていない傾向がある。
 これに類する物として、批判に対し「○○(人名)の▲▲(本の題名)を読め」と返すパターンがある。だいぶ前にブログでこの実例を見た事があるのだが、アドレスを失念しまった(問題でを謳っていた記事だったはず…)。このパターンでは、自分の言葉で批判を返すことが出来ないため、示した本の内容を以って自分と同じ考えに染めさせようと言うものである。
 他者からの批判を交わす目的でする事も問題である。会話や議論でたまにあるのだが、まず最初に「●●の言葉で、…」と言っておいて、自分を守ろうとするものである。それを批判しても、した者は自分の言葉では無いことを盾に、元に批判の矛先を向けさせようとする。つまり、このパターンでは、他人の考えている事を解説しているに過ぎず、少なくともした者の考えでは無い。目的と手段から考えると、この類のは非常に無責任である。
 要は、を自分の考えを伝える主役とするのではなく、飽くまでも自分の言葉を補う脇役的存在としなければならないのである。が多い文は見た目はまともに見えるが、所詮は他者の考えの一部をして消化不良を起こしている状態なので、実際に何を考えているかを判別するのは非常に難しいものがある。元をしっかりしていれば、自ずと自分の言葉の方が多くなるし、する文は僅かで済む。これゆえ、した文とされた文の見分けは簡単につく。

 ぶっちゃけると、「他人のはもう聞き飽きた。君自身の考えを、自分の言葉で示してくれ。」と言う事である。

 余談だが、の関連で、におけるの敷居を異常に高くし、それを他人に押し付ける変な連中が存在する。一般的には、エントリーの内容に関連性があるからを貼るのであり、して批評しないとダメとか其処まで高尚なものではない。私自身、余程内容に関連性が無い限り、を削除する事はしない。
ブログランキング

[関連リンク]
    

拍手[0回]

PR

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]