忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前回に引き続き、財源捻出案の説明を続ける。項目全文は前回此方<こちら>を参考にして戴きたい。前回は主に国会議員の歳費を中心に槍玉に挙げたが、今回は地方自治体即ち、都道府県市区町村である。
 日本国内には、48都道府県と1727市町村(区数不明)があり、其々<それぞれ>に大統領以上の権利を持つと揶揄される長と、議会並びに議員、縦割り行政の型に嵌って<たらい> 斯様<かよう>な理不尽で不可解な事態が、何の疑問を発生させる事も報道される事も一切無く、平然と罷り通ってしまっているのが現状である。

拍手[0回]

PR
1-α.歳費を時給制化し全体を半分以下に、議員報酬も時給制化並びに同一価値労働同一賃金を適用

 震災前からそうだが、日本は歳費の総額が多く、為に議員の数を減らす事が提言され続けて来た。<しか>し、肝腎の報酬額や各種手当並びに議員特権には一切言及されなかった。単純に人数を減らすだけでは、減らした分だけ小さな政府が出来、多岐に渡る問題を解決出来なくなり意味は無い。残念な事に、世界的にも非常に高額な歳費を、政府の規模を縮小せずに減らそうと提言又は提案する者は永田町にはいない。
 …<もっと>も言い出しっぺの민수<ミンス>とて票稼ぎのパフォーマンスで提案した感がある為、何時<いつ>もの事ながら深読みする必要も無いだろう。
 歳費低減を提案する者が全くいない時点で十分可笑<おか>しな話である。実は、歳費は時給制では無い。<ゆえ>に、議員は1ヶ月に25日出勤しようが2日出勤しようが毎月同額が支払われる、非常に美味し過ぎる職種(笑)なのである。 同様に地方議員報酬も時給制では無い上に、各自治体で額が著しく異なるが、双方とも貴族の如き議員特権を持ち高額の議員年金を受け取る事が出来る。
 其処<そこ>で私は、<いたずら>に議員数を減らして小さな政府を作る事無く、それでいて浮いた費用を長期的な復興財源に充てる策を考え出した。

拍手[0回]

前提:国民生活を圧迫しない事


 震災の復興で、何をやるにも<>ず決めて置かねばならないのは、復興の為の財源である。此度<こたび>の震災では、非常に多くの日本国民が津波や福島第一原発事故で経済基盤は元より、生活基盤を根こそぎ奪われた。現政権の何時<いつ>もの迷走と東京<トンキン>石原村長の暴走と併せ、各所の自粛や節電の気運により、日本国家全体の景気はより冷え込み、GDPは4%近く低下した。

拍手[0回]

 地震、津波、原発事故と未曾有の被害を<もたら>し、現在も尚余震と避難生活が続く、東北地方太平洋沖地震こと、東日本大震災。
 この内福島第一原子力発電所の事故は、震災を政権運営の延命策としている民主党政権と、利権漁りが目的の原発推進論者の齎した人災である。
 被害が大き過ぎて、復興案は幾等も思い浮かぶものだが、思いつく先から実行してしまうと、箱物行政の様に、復興した先から無用の長物となり兼ねない。
 其処<そこ>で、<>のカテゴリでは、東日本大震災の齎した被害と現在抱えている問題並びに其の原因を整理した上で、復興する順序を筋道を通し提案して行く。
 如何<いかん>せん、此の被害規模と不景気から、完全復興まで最低10年は掛かる。ならばいっその事、東北地方全域を日本国家の中心都市圏にする様な方策を実行して行かなければならない。

拍手[1回]


Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]