忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 東京都青少年の健全な育成に関する条例、通称青少年健全育成条例は、極右ファシスト石原慎太郎と取り巻きのイエスマン(=都議会総務委員会)によって、非合法且つ強引な手段を用いて可決された。
 イエスマンの酋長は創価党(=公明党)の都議、谷村孝彦である。創価党であるが故に正邪を判断する力は果てしなく低い為、正論に対して「好きだねえ、君も」などの野次や罵倒しか飛ばす頭しか持ち合わせていない。
 石原慎太郎も『規制で作品が出せなくなる漫画家(ほぼ全員)=卑しい職業』『オタク=認知障害者』『フリーター=穀潰し』『福祉=贅沢品』『重度心身障害者=人格なし』『アニメ・漫画の有害性=ある(根拠ゼロ!)』『生殖能力を失った女性=無駄な存在』など、異常に利己的な差別主義者で且つ78歳と耄碌している為、正常な判断力を有しているとは全く思えない。



 まず、都議会総務委員会がイエスマンなのは、極右ファシスト石原慎太郎を頂点とした東京都政が、実に全体主義的要素を多分に含んでいるからである。
 全体主義では、公私を問わず生活の全ての側面に対して可能な限り規制を加える。この為にトップは無益な規制を好む反自由主義者、並びに近代発展した特定の文化を否定する反現代思考、ある程度のカリスマを持ち合わせている必要がある。
 最悪な事に、石原慎太郎はそのほぼ全てを備えたアジテーターである。だが、この非常に傲慢で耄碌した老害は、自分が感情的に嫌いな大衆文化を潰す為だけに、遂に解り易い非合法手段に打って出た。
 まず、可決の前に報告された条例への賛成と反対の署名数を比較して頂きたい。

賛成署名…PTAから6042名、池田教(=創価学会)から44000名
反対署名…現場並びに出版社から15万8000名、請願陳情書332通

 主観的に見るのならば、正邪を判断する力が果てしなく低い池田教の署名を無効として、賛成約6000強、反対約16万弱とし、反対署名の圧倒的多数により条例は否決されて然るべきである。
 尤も、客観的に見ても、反対票の桁違いな多さは一目瞭然で、通常ならば可決される筈がある訳が無い。
 然し、332通の陳情書は無効のものとして受理されず、15万8000名もの反対署名は、「そんな物関係ない」と一蹴された。詰まり、最初から可決ありきの委員会である為、明らかに多い反対署名は無視されたのである。
 だが此れにより、この条例が正当ならざる手順によって可決されたと見做す事が出来る為、青少年健全育成条例を守る意味は全く無くなる。詰まり非合法手段で可決された条例を遵守する事は、社会に悖る条例を支持する事になってしまうのである。

[関連リンク]
青少年健全育成条例は可決…もう遅いのでしょうか
東京都青少年育成 改正案
東京都青少年健全育成条例 2nd
アニメ見れなくなる
東京都青少年健全育成条例のこと

拍手[2回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]