忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 日本国民を騙して政権を獲り、失策を繰り返すも、慢性的な人材不足が災いして問責決議が可決された閣僚に対しても辞任出来ない民主党。初代ルーピー鳩山由紀夫、2代目ルーピー菅直人、党内社会党主席仙谷由人、ドゥーチェ小沢一郎、ジャス子岡田克也、国力衰退担当大臣谢蓮舫と錚々たる危険人物を揃え、中国や朝鮮に媚び諂い続ける醜態は、野党時代と比較されて“ブーメラン現象”と総括される。
 さて此処に売国極左と極右ファシズム程の違いはあれど、つい先日漫画表現弾圧条例(東京都青少年健全育成条例)を15万8000もの反対署名を無視し僅か5万の賛成署名(そのうち4万4000は)で強引に可決させた石原慎太郎都知事だが、この耄碌爺もまた盛大なブーメランの持ち主である。中共友愛民主党のそれと比較し、スパンは最大で55年と非常に長い上、規模もでかい。石原55年体制とでも言うべきだろうかw



 時は現在より55年前の1955年に発表された『太陽の季節』まで遡る。石原慎太郎の作家デビュー作で、文学界新人賞並びに芥川賞を受賞している。内容を簡潔に書くと、酒・賭博・女と三拍子揃った自堕落な主人公(高校生)が盛り場で見つけた女をヤり捨て、兄に女を5000円で売り払う。女は孕んだ事から中絶手術を受けるが失敗して死亡、主人公は葬式の場で遺影に香炉を投げ付ける狼藉を働くと言ったものである。
 未成年の飲酒・賭博に始まり、買春、人身売買、中絶、葬式での狼藉と、最初から最後に至るまで扱う物事が凄まじく、芥川賞のレベルが本来その程度であった事を物語る証拠である。翌年の『狂った果実』『処刑の部屋』と、直ぐに映画化された事から太陽族映画と並び称されたが、これらの実写映画に影響された強姦事件が多発したのは事実(※注2)である。1957年の『完全な遊戯』では精神障害者を車で拉致し、車中で輪姦しながら別荘へと連れ込み、仲間にも輪姦させるもの。売春店に売り払おうと結託するも失敗、崖から突き落として殺すと言う、まさに(その当時から)作者の頭の螺子と螺子穴の数を確かめたくなる様なものである。
 1969年11月、『スパルタ教育 ~強い子どもに育てる本~』を出版したが、その中で石原慎太郎は「子どもがどんな本を読んでいようと、親は気にする必要はない。」「人間の想像力を培う糧である読書を、なにをもってよしとし、なにをもって悪とするかほど、根拠のないものはない。そのよしあしに、親が陳腐で通俗的な道徳をもちこむほど、子どもの大きな将来性をスポイルすることはない」「わたくしの家庭では、妻や、母親は反対するが、わたくしは子どもたちの前でヌード写真の氾濫した雑誌を隠さぬことにしている」「しょせん子どもたちは、いつかの時点でナマの裸を知り、裸の肉体の交渉がなんであるかを知らなくてはならない。それを不自然に隠すことのほうがどのように悪い想像力を育て、悪い衝動を子どもたちのなかに培うかわからない」と、漫画表現弾圧条例を強引且つ無理矢理可決させた張本人の言質とは思えない正反対の事がズラリと並べられている。
 そして1975年、東京都知事選で対立候補の美濃部亮吉氏に対し、「…もう新旧交代の時期じゃありませんか、美濃部さんのように前頭葉の退化した60、70の老人に政治を任せる時代は終わったんじゃないですか」と演説したと言う。諄い様だが、石原慎太郎は2010年12月現在78歳である。この発言の手前、自身が60・70になった時点で引退しなければならない、況や齢80を前にした現在に於いてをや。忠実な飼い犬である猪瀬直樹(2010年12月現在64歳)と共に是非とも引責辞任(※注1)の形で共斃れして戴きたいものである。
 都知事になったのは1999年、実に67歳になってからであるが、1975年当時、美濃部亮吉氏は71歳だった。詰まり、当時の発言を考慮しても、都知事としての石原慎太郎は1期のみで引退しなければならなかったのである。然も、政策が次々と失敗し続けるのは2期目以降で、皮肉にも自分自身の失策が1975年当時の発言の正しさを証明する事態を招いたのである。
 現在は、都政を私物化し思想統制を盛り込んだ表現弾圧条例を強行可決した老害として、その悪名は忠犬猪瀬直樹と共に広がり続けている。もう両名とも政治家を引退して作家に戻ったって、食い扶持に困るほどじゃ無い、都民はおろか日本国民の害だから今直ぐ責任を取って辞めろ。
(※注1)青少年健全育成条例可決の経緯に不正が存在する事から。
(※注2)昭和31年(1956)の少年犯罪昭和34年(1959)の少年犯罪(少年犯罪データベース)に全て明記されている。

[関連リンク]
石原都知事が過去の書籍で矛盾する発言「子どもがどんな本を読んでも気にするな」
石原都知事の作品が野放図すぎる件
石原都知事の作品が野放図すぎる件その2
石原都知事の作品「太陽の季節」が野放図すぎる件
『処刑の部屋』『完全な遊戯』を強引に8コマ漫画にしてみた
ペンは剣よりも強し?-漫画家の怒り3-
「青少年健全育成条例」の改正と東京都知事の思惑!?
マンガはなぜ規制されるのか - 「有害」をめぐる半世紀の攻防 (平凡社新書)
【二次元規制】「世の中には変態がいる。気の毒な人で、DNAが狂っていてアブノーマル。性描写漫画は何の役にも立たないし、百害あって一利なし」――石原都知事
石原都知事「世の中には変態ってやっぱりいる。気の毒な人で、DNAが狂っていて。やっぱりアブノーマル」
太陽の季節に目を背け、狂った果実を土に埋めよう、そして処刑の部屋を硬く閉ざしてしまおう
【2ch・社会】都青少年健全育成条例改正案が成立…都知事『世の中には変態ってやっぱりいる』
石原都知事「世の中には変態ってやっぱりいる。気の毒な人で、DNAが狂っていて。やっぱりアブノーマル」
石原都知事が過去の書籍で矛盾する発言「子どもがどんな本を読んでも気にするな」
石原やっぱり狂ってるwwwwwww老害辞任しろwwwwwwwwwwww
【石原都知事のホモ疑惑?】ホモが嫌いな石原都知事、お友達の三島由紀夫の評価は?

拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]