忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全中会長、TPP「参加すること自体が危険」 反対姿勢崩さず(日本経済新聞)
 然る10月から11月にかけて、菅内閣ではAPEC加盟国によるFTAAP(アジア太平洋貿易自由圏)の幻想を引っ提げ、その前段階としてTPP(環太平洋戦略的経済連携協定、Trans-Pacific Partnership)への参加を前提とし「国を開く」と称し、来秋に結論を出す方針を出して来た。
 TPPとは、簡単に言うと、加盟国内での貿易は例外品を除いて全ての関税を撤廃する協定である。つまり相互国家の経済規模や物価の差異に係わらず、自国の標準価格がそのまま相手国の店頭に並ぶのである。
 当然の事ながら賛否両論に分かれているが、推進論者と反対論者には一定の傾向がある。
 民主党含む推進論者の多くは、日本の農家を差して“過保護”だの“温室育ち”だのとなじり、いかにもTPPへの不参加を悪と決め付ける傾向がある。然もその傾向は生産現場から遠く離れている支配者階級や識者(笑)ほど強く表れる。
 一方反対論者の多くは、国内で農業に従事している者並びに農業従事者が知り合い又は親戚にいて、その内情を多少なりとも知る者(※注1)である。斯く分析する私も反対論者の一人で、民主党のTPP参加を匂わせる声明を「国を潰す」と称し、日本亡国宣言と受け取った。
 また、推進論者の“過保護”や“温室育ち”との揶揄には、内情を全く知らぬ無知に由来するものがあると見ている。つまり、推進論者には論拠無き思い込みに基いた“嘘”が潜んでいるのである。



 多くの者が知る事だが、日本の食糧自給率40%、穀物自給率28%、飼料自給率25%と、177ヶ国中124位、OECD(経済協力開発機構、Organization for Economic Co-operation and Development)加盟30ヶ国中では28位と、完全に下位に位置する。
 然も兼業農家が多い上に国内農業人口は減少傾向にあり、尚且つ農業従事者の担い手不足に伴う高齢化が非常に深刻な問題と化している。
 …さて。此処でTPP推進論者の根拠である“過保護”や“温室育ち”が事実であるならば、農業希望者は引き手あまたで高齢化問題など存在し得ず、自給率が40%に留まっている筈が無い。そして過保護ならば統計としても専業農家がほぼ100%を占めなければならず、兼業農家を分類する必要も無い。
 詰まり、それがTPP推進の“嘘”なのである。実際は農家は10~15ha.以上の非常に大規模な農家でも収穫物が安く買い叩かれて経営が苦しく、個人農家に至っては生活出来ない事を理由に離農、即ち自然消滅を選ぶ所もある。日本の国土事情では耕地面積が狭い為、どうしても纏まった耕地を得られず、小規模農家にならざるを得ない。つまりそれは、農業では生活していけない事を如実に示し、新規就農希望者を躊躇させる原因となっている。
 要は、TPP推進論者は日本人でありながら日本の国土事情や農家の実態を知らぬ愚民であり、農業従事者の敵なのである。
 次はAPEC加盟国の物価と比較してTPP参入の危険性を検証する。

(※注1)…私もその一人で、祖母の教え子(or知り合い)に果物農家がいる。

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[110] [109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]