忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

都の性描写漫画規制条例、民主賛成へ 可決の見通しに強まる反発(ネット選挙ドットコム)
 今の日本では絶滅種とも言える典型的な独裁者タイプの極右ファシスト石原慎太郎東京都知事と、それに影響されて反自由主義の本性を露にした上に批判者を「ネトウヨ」と決め付けた極左ファシスト猪瀬直樹東京都副知事が、自分達の気に入らない物を排除する為に、露骨な思想統制を盛り込んだ漫画やアニメ・インターネットの自由表現破壊条例を可決した。



 調べると解る通り、この表現弾圧条例は日本国内のアニメ・漫画業界を死に追いやるだけで無く、インターネットの検閲まで盛り込んでいる上、制定の前提から数多くの矛盾と明確な根拠無き感情論、曖昧要素並びに恣意的運用要素に満ちている。基い、矛盾だけで制定されていると言っても過言ではない。それも、都民はおろか大多数の国民の抗議を完全無視して強行可決したのである。

I.制定の前提「性犯罪が激増し、それは漫画やアニメのせいである」がそもそも嘘
└→漫画やアニメのせいにしたがるのはマスゴミの詭弁に過ぎず、日本の性犯罪発生率は減少傾向にある。然も漫画やアニメが犯罪を助長する事を裏付ける証拠が何一つ無い(反証は兎に角多いが)
II.本来の目的である“児童保護”が口実と化している事実
└→本当に児童保護が目的ならば、『苛めによる自殺』『ネグレクト並びに児童虐待死』『待機児童問題』が主となるものだが、石原は福祉を贅沢品と考えている為、こんな検閲行為に走った。
III.そもそも条例が表現の弾圧に当たり、無効
└→規制を正当化する為の証拠が何一つ存在しない為、耄碌した懐古極右である石原の思い込みによる感情論ででっちあげた条例と見做せる。これは表現の自由に抵触するものではなく、表現の自由を破壊する条例である。
IV.「漫画は読み手によって解釈が変わったりしない」と言う大嘘
└→石原慎太郎も猪瀬直樹も現役の作家である。然し「小説は読み手によって多様な解釈が出来る」として小説を擁護した。絵にしろ文章にしろ、解釈は人によって様々である。『狂った果実』『太陽の季節』(←著:石原慎太郎)を原作とした同人誌を作っても、アレンジャーが取締対象となって原作者は無罪放免なのだろうか、非常に馬鹿馬鹿しい物である。
V.フィクションを規制する法が強いほど、実在児童(笑)に対する性犯罪は激増する件
└→漫画やアニメ・ゲーム等の“フィクション”は、防衛機制で言う所の“代替”である。日本は先進国でも軒並み性犯罪発生率が低い国であるが、それは“ガス抜き”であるフィクションが犯罪抑止の手段として機能している証拠である。つまり、都は“ガス抜き”の手段を奪い、挙って児童への性犯罪を暗に奨励しているのである。
VI.この条例により、却って実在児童(笑)は全く保護されない事実
└→脳内お花畑な老害どもは規制強化が犯罪抑止になると根拠も無く頑なに信じ込んでいるが、実際はその逆である。故に、実際実在児童(笑)が被害に遭っても、「当方はこれだけの規制を施しておりますので、一切責任は取りません」と責任逃れに走る事は目に見えている。つまり、条例の制定により実在児童(笑)は却って危険に曝され続けるのである。まさに本末転倒www
VII.条例が拡大解釈要素に満ちており、日本人として推進並びに墨守する意味は全く無い事実
└→嘗てこの手の“健全育成条例”は何度も否決され続け、手を変え品を変え文章を変え浮上して来た。目的は同一で、自分達の気に入らない(または理解できない)表現を叩き潰し、違憲/越権行為である行政検閲を正当化して表現/言論の自由を根本から滅ぼす事である。こんな連中に賛同するヤツってのは、日本国家を中華帝国にしようというのだろうか?
VIII.規制すべき根拠、教育に悪い根拠、検証データ等が全て欠けている件
└→非常に多くの推進派には、理論的検証が一切無い。実にほぼ全て感情論で占められているのである。尚、私が最も推進派に検証して頂きたいのは、「弾圧対象になり得る漫画やアニメを購入・閲覧している人に占める、性犯罪者の割合」である。何れも個人特定が難しいが、購入者数や閲覧者数はデータとして残っているだろうし、熱心な推進派は今私が此処で書くよりも前にデータを蒐集している筈である。出来れば作品別に事細かに示して頂きたいものである。全購入/閲覧者の内、性犯罪者率が8割を超える作品が1つでもあれば、推進してやっても良いのだが…。
IX.規制の因果関係が全て真逆
└→記者会見で「北欧は統制がキチンとできている。ヘンなものは見かけない。倫理観がある」と言う事を根拠にしていたが…、スウェーデンの犯罪発生率は日本の7倍、特に規制開始以降の性犯罪の伸び率が異常だとか。日本のアニメが妙に流通しているフランスでは1998年から規制を開始したが、2005年まで未成年者への強姦が70%近く増加し、毎年女性の10%がレイプを含む性犯罪の被害者になっているとか。詰まり、お役所的な“前例”で見ても、規制が厳しいほど性犯罪率が増加する事は全て立証済なのである。推進派や石原と猪瀬には頭が無いようだ。
X.都は、都民の血税を使って条例の拡大解釈による漫画の検閲を、直ぐに開始しようとしている件
└→都は漫画を検閲をしリストアップをしたパンフレットを作り、各出版社や都にある書店に配って区別を指導する、言論弾圧行為を企んでいる。然も、18歳未満が購入出来ない様にした条例を無い物として捏造し、検閲とパンフレットを作る場所を各自治体に作る越権行為を企んでいる。正に戦時中の検閲と同等。推進派はこれらの拡大解釈事項も理解しての事だろうか?理解しての事ならば猶更、日本国内に存在する価値は無い。朝鮮や中国で生活するが良い。

 これらの矛盾並びに可決の経緯が強引な事から、良識ある都民並びに日本国民はこの条例を守る意味も価値も全く存在しない。猪瀬直樹の様な都知事の忠実な飼い犬(笑)や愚民どもは「悪法も法」と訳の解らない事をほざいて墨守するのだろう。だが、やや残酷に言うならば、俺はそんな連中は日本を出て、直ぐ近くの弾圧国家たる中国で1年程度生活すれば良い。彼の国は表現/言論弾圧・思想統制・人権無視が国策である。弾圧の恐ろしさと自由の有り難さを否応無く実感出来る事だろう。尤も、感化された末期の愚民は帰って来んなw と言うレベルだが。
 然しながら以前にも、何回か表現並びに言論の自由は、幾重にも手錠を掛けられ、足枷を付けられ、鎖で縛られて来た。石原慎太郎と猪瀬直樹は、動きも儘ならない“自由”に軍刀を振り翳し、その命を断ち切ろうとしているのである。
 此処まで何回も迫害に曝されているのである故に、もうそろそろ既存の表現規制法並びに弾圧条例を全部一掃する、厳罰付きの自由保護三法(表現/言論/思想)並びに自由中立三法(宗教/報道/結社)の制定を真面目に考えなければならない。この2つの構想を大体何回くらいに分けて書いた方が良いのだろうか?
[関連ニュース]
性描写規制の条例案、都議会委が可決(日本経済新聞)
東京都:性描写規制案 総務委で可決(毎日新聞社)
漫画の中で犯罪を表現したらアウト!?(ASCII.jp)
東京都青少年健全育成条例改正に反対する女性表現者の会が声明(レイバーネット)
『pixiv』がコピーライトから「TOKYO」を削除! 嫌われていく東京都(ガジェット通信)
都の性描写漫画規制条例、民主賛成へ 可決の見通しに強まる反発(Spotlight Japan)
都の性描写規制案、総務委で可決 出版業界は強く反発(47NEWS)
台湾漫画界は表現規制で衰退した! 漫画・アニメを規制する都条例に関連して『Twitter』で話題に(ガジェット通信)
性描写マンガ規制!条例案を可決(日経スポーツ)
東京都の「性描写規制」条例 15日に成立(J-CASTニュース)
「Dynamite!!」参戦の自演乙選手、「都条例反対を全面に出して戦う」(ITmedia News)
性描写規制条例案を可決=15日成立-都議会総務委(時事ドットコム)
[関連記事]
【都条例】付帯決議案付きで総務委員会にて可決した模様です
テレビ朝日「クレヨンしんちゃん」放送禁止へ
【速報】青少年健全育成条例改正案を可決
都議会総務委、性描写規制案を可決
青少年健全育成条例改正案を都議会総務委員会で可決
アルカ遺跡
東京都青少年健全育成条例改正案
東京都の青少年健全育成条例改正案、総務委員会で可決
都まんが規制条例成立へ
<都青少年健全育成条例改正案>可決
角川書店に続き、集英社・小学館・講談社も東京アニメフェアをボイコットへ
燃えるまでは熱さ解らず 燃えてからでは遅過ぎる 追記
性描写規制案を可決 出版業界、強く反発 東京都議会総務委
東京都青少年条例 付帯決議の努力は買うが意味はない
色々と規制に、なるのか?
【漫画アニメ規制】青少年健全育成条例改正案が東京都議会総務委員会で可決。15日に成立の見通し
最終決定は15日ですが
青少年健全育成条例
外堀を埋められる
(東京の危機)表現の自由に、危機が訪れているッ!
まずいですね
可決
表現規制で衰退した台湾漫画界を今から味わう日本アニメ漫画業界
そうだ、◯◯(道府)県で漫画を出版しよう!

拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107] [106] [105] [104]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]