忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今回は、関連グッズを企業ごとに詳しく説明して行く予定だったが、其の前にグッズ全体に関わる問題点を此処に提起して置く必要がある。(大方は前回の記事に記してあるゆえ、其処を参照して頂きたい。)

 問題点を纏めると、大きく次の3つに集約される。

1.関連グッズが、所謂「・フラッシュ」の歌詞と相俟って、どれも未成年の飲酒並びに、より起因するアルコール・ハラスメント(通称:)を助長している事(特に"あんたが主役!"セット推奨しているようにしか見えない)

2.ネット上のを盗作してキャラとした経緯から、上限り無く"黒"に近いである事。

3.キャラクター「」が酒をがぶ飲みしている場面が(の言う「マイアヒ・フラッシュ」で)頻繁に見られる事から、動物虐待にあたる行為に至る者が想定される。

 今回は、この3つの要素の中で特に問題視しなければいけない1を取り上げる事とする。

 まず1であるが、キャラクターグッズは大抵は1個1個の値段が安価で、結構気軽に買える為に、子供の小遣いでも容易に手に入れる事が出来るのが特徴である。其処からキャラクターの人気を広めて行こうと判断したのであろうが、「」は一升瓶に入った酒をがぶ飲みする、キャラクターである。酒と切っても切れないキャラクターを、ゲームセンターや店頭などで容易に手に入れる事の出来るグッズとして、未成年者、特に子供に持たせるのは、未成年に対して飲酒に関心を持たせていると言っても過言では無い。
現に、彼方此方のを回ってわかったのだが、既に「飲ま飲まイェイ」の空耳部分に影響されてか、飲酒に手を出してしまった中学生のまで見つけてしまったほどである。(ニュー速系板で、この中学生ののURLを公表するかどうか一時期議論になったが、流石に其れは拙いと言う事で、現在公表しない方向で話が纏まっている)
 尚、フラッシュの中で「飲ま飲まイェイ」の空耳歌詞とともに、一升瓶を持って中の米酒(イメージとして日本酒が近いだろう)を喇叭飲みしているしているシーンから、現に宴会(時期的にパーティ、そして新年会等)の席でこの空耳歌詞とともに周囲から煽られて酒を大量に飲まされる、アルコール・ハラスメントの起こる危険性がある。アルコールに強い人ならまだ何とかなるかも知れないが、日本人は(肝臓内のアルコール分解酵素が少ない事から)酒に弱い人が多いという。そんな中で空耳歌詞に合わせて上司や先輩から飲まされるのは、正直地獄であり、を惹起する原因になる。(、酷い時には其れが原因で死に至る事もある)
 さて、其れでは「酒で無ければ問題無かろう」と思う人もいるかも知れない。しかし、其の考えは非常に甘い
 例えばジュースの。大抵のジュースには予想以上に糖分が含まれている。それ故に、軽いと、酷いと若年性(中年に至る前に患ってしまうの事)の原因となる。特に炭酸系のは我の経験上、非常に危険な行為である。通常でも、炭酸系を飲んだ後はゲップが出る。正体は主に炭酸系に含まれる炭酸ガス、即ちの泡と、の際に一緒に吸い込んでしまう空気である。通常、水や其れに近い粘性に乏しい液体は、飲み込んでからほぼ1秒足らずで胃に到達する。そして、其処で発生した気体は行き場を失って、結局は咽喉を逆流して口から出て来るのである。しかし、の場合は二酸化炭素の泡が逆流する間も無く大量に液体が入って来るため、食道の半ばでの大きな泡が詰まり、液体は咽喉で詰まる形となる。量が少なければ噎せるか吐くかのどちらかになるのだが、量が多いと吐く事も噎せる事も出来ず、一種の窒息状態に陥ってしまう。私自身、幼い頃これで本当に大変な目にあった事が有り、其の辛さも嫌と言うほど知っている為、同じ目に遭う子供が出てしまう事を危惧しているのである。
 以上は購買者側に危惧される事態であるが、其れに対して販売者側も当然上記の事(酒は特に)を想定の範囲内に置かなければならないのは、特にのプライズ(景品)を生産・販売する真っ当な企業なら至極当然の事であり、想定してない等と言う事はあってはならないのである。
 制度としては、社団法人(社)日本アミューズメント興業協会(以下、)が2004年10月21日に制定した、「アミューズメントマシンにおいて提供される適正景品のガイドライン」(PDFファイル)がある。この中にの景品について、色々禁止している物が並べられているが、キャラクター「」は、以下の2点に抵触していると判断出来る。

II.酒類、および酒をモチーフにした商品
IX.偽造ブランド品や偽造キャラクターを使用したもの等、他社の知的財産権を侵害している物品類

 尤も、このガイドラインを知らないが余りにも多過ぎる事を疑問視した私は、11月下旬、このガイドラインの有効性と適用範囲について、敢えて「」の事を避け、一般論を用いてに直接メールで問い合わせてみた。12月6日、事務局でプライズ部会を担当する片岡氏から回答が返って来たので、此処に抜粋する。

●●様

ご連絡遅くなり恐縮です。

JAMMA事務局でプライズ部会を担当しております、片岡と申します。

さて、ご照会の件ですが


ガイドラインは、今後企画、製造されるものに対しても含まれます。

また、社会情勢の変化等により一般社会における倫理観も変化しますので、ガイドラインの改定される都度検討して参ります。


ガイドラインに違反すれば、最終的にはJAMMAからの退会処分となります。また、警察当局への告発もわれわれ業界が行使しうる方策の一つとして予想されます。


以上、JAMMAの活動にご理解ご協力をくださいますようお願い申し上げます。

=================================================
 社団法人 日本アミューズメントマシン工業協会
 業務部 片岡■■
    〒105-0001
    港区虎ノ門1-16-17 虎ノ門センタービル9F
    Tel 03-5157-5880
    Fax 03-5157-5888
    Mobil 090-xxxx-xxxx
=================================================

 こんな感じである。(フルネームと携帯の番号は敢えて隠した)
 多少曖昧な感じは否めないが、"今後企画、製造される物も含む"と言う事は、今はには並んでいないが、物として可能性があるグッズもガイドラインの適用範囲になると解釈出来る。そして、此処と似たような組織に、社団法人(社)全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(通称AOU)がある。此処は特にガイドラインは制定していないものの、アミューズメント施設業界では唯一の公益法人である。
 他にも、イッキ飲みやアルハラに関する組織・団体として、NPO法人アルコール薬物問題全国市民協会アスク(通称ASK)が挙げられる。既に9月13日の段階で、に緊急の要望書を発送している。この時はまだ初期であったが為に、向こうも自己正当化の為だけの回答を返した。要は、無視したと同じような物である。
 今、上記で危惧しているものが現実に起こり得る事となっている。我々に出来る事は、このキャラクター「」が、アルコール・ハラスメントを惹起しかねない要素を持っている事実、そして明らかに酒をモチーフにした商品が彼方此方で出回っている真実を、手紙並びにメールや電話等で知らせ、最早何時起こっても可笑しくない状況にある事を伝える事である。(電話の受付時間は10:00~16:00が殆んど)



<関連リンク>
◆アミューズメント関連
1.社団法人(社)日本アミューズメント興業協会()
 〒105-0001 港区虎ノ門1-16-17 虎ノ門センタービル9F
 TEL:03-5157-5880、FAX:03-5157-5888、MAIL:info@jamma.or.jp
2.社団法人(社)全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(AOU)
 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-4-1 TSI須田町ビル6F
 TEL:03-3253-5671、MAIL:info@aou.or.jp

◆アルハラ問題関連
1.NPO法人アルコール薬物問題全国市民協会アスク(ASK)
 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-16-7-7F
 TEL:03-3249-2551、FAX:03-3249-2553、MAIL:ask@t3.rim.or.jp
2.アディクション問題を考える会
 〒156-0057 東京都世田谷区上北沢4-30-10 上北沢第2コーポラス306
 TEL:03-3329-0122、FAX:-、MAIL:email@akk-jp.org
3.社団法人(社)全日本断酒連盟
 〒171-0031 東京都豊島区目白4-19-28
 TEL:03-3953-0921、FAX:03-3952-6650、MAIL:-
4.主婦連合会
 〒102-0085 東京都千代田区六番町15 主婦会館プラザエフ3F
 TEL:03-3265-8121、FAX:03-3221-7864、MAIL:info@shufuren.gr.jp
5.社団法人(社)日本PTA全国協議会
 〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-38
 TEL:03-5545-7151、FAX:-、MAIL:nihonpta@coral.ocn.ne.jp
PTA関連団体一覧

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]