忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 叩けば幾等でも垢や埃が舞うだが、今回のツッコミどころは、2005年9月30日に出した2回目の見解である。此も全面抜粋する。

■いわゆる「のまネコ」問題についての当グループの考え方

この度、私たちが販売しております「のまネコ」に関して、これまで皆様に混乱を招いたことを反省しつつ、「のまネコ」にかかわって今まで私たちがしてきたことをすべて見直しました。

結論から言いますと、現在CDに特典としてつけているマイアヒ・フラッシュを今後はもうつけないことにしようと思います。
また、「のまネコ」の図形商標の登録出願を有限会社ゼンに中止してもらおうと思います。
こうすれば、多くの方々が共有財産として楽しんでいる「モナー」等について、私たちが何らかの権利を持っているかのような誤解を完全に払拭できると考えたからです。

私たちは、昨年10月に、「恋のマイアヒ」の楽曲を使ってアスキーアート文化の影響を受けた映像と共に音楽を楽しむ面白いフラッシュを見つけました。
そのフラッシュは、使用許諾なく楽曲を使用していましたが、「これは非常に面白いので、是非皆さんにも楽しんでもらおう」と思い、作者の方に私たち用に改めてフラッシュを作ってもらい、もちろん作家の許諾を取った上で、CDの特典映像としました。
それがマイアヒ・フラッシュの始まりだったことは皆様ご存知のとおりです。

しかし、その後CDの売れ行きが予想もしないぐらい伸びたことを背景に、私たちはビジネスとして、ぬいぐるみ等の「のまネコグッズ」をオリジナル商品として出すことにしました。
その商品は、マイアヒ・フラッシュのイメージを残しつつ新たなオリジナリティを加えて別のキャラクターとして描き下ろされたものであり、もちろん「モナー」とは異なるものとして作っていただいたものですが、皆様には、「のまネコ」は上記のような経緯で誕生したマイアヒ・フラッシュと同様のものであると受け取られ、「のまネコ」によって「モナー」等のアスキーアートの自由な使用が制限されるのではないかといった様々なご不満・お叱りをいただきました。

私たちは、「のまネコ」は「モナー」とはまったく別物であり問題ないと考えていたからこそ、海賊版に対抗すること等を考えてごく普通に商標登録出願をしてもらったのですが、皆さんの気持ちの中では、「同じようなもの」というように捉えられたのだと思います。正直なところ、私たちは、別物ではあるものの、上記のとおりアスキーアート文化をバック・グラウンドとしてもつマイアヒ・フラッシュの知名度が「のまネコ」グッズ販売の一助になると考えておりました。

しかし、このことが原因で今回の混乱を招いた以上、直ちにマイアヒ・フラッシュの提供を中止し、「のまネコ」の図形商標の登録出願も取り下げることで、皆さんに安心していただこうと決心した次第です。
と、発表しようと思っていた矢先、本日未明、2ちゃんねるにエイベックス社員に対する殺人予告が載せられました。
「のまネコ」問題が取りざたされるようになってから、今までも、一部の心ない方から嫌がらせまがいのことが私たち及び関係者に対して行われてきましたが、善意のファンや一般消費者の方々の声を真摯にうかがおうと思い、特段の措置はとりませんでした。
しかし、今回のものは明らかに不法かつ著しく反社会的であって到底見過ごすことができるものではないので、警察に被害届けを出すことにしました。

この事件に接して、正直言って、冒頭からの発表文を出すことにややためらいを感じましたが皆様を信じて当初の予定通り発表させていただきます。

エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 2005年9月30日

 さて、このツッコミ所の山であるこの文章、一応最初の方から段落毎にツッコミを入れてみる。
 序文、"すべて見直しました"…結果的には全然見直していない。メールでのも苦情も全て無視、電話対応に至っては逃げ口上ばかり、あーだこーだ屁理屈を捏ねては未だにグッズ販売を続ける有様。全て見直す=全てのグッズ生産・開発・販売停止である事に気付いていないのである。
 第2文、それだけで向こうの言う誤解、即ち真実を払拭出来ると思ったら大間違いである。「はオリジナルである」事を撤回して「を盗んだ事」を認めれば、AAキャラに理不尽且つ非常に不当な制限をかけられる心配はある程度和らぐと言うものである。尤も、この時点で既に詭弁の多いの事、彼方此方に圧力を掛け捲った企業体質から考えても、暫く続く事位容易に予想が付くのであるが。
 しかも、特典のフラッシュを付けない事で所謂誤解が解ける(=真実を煙に巻く)と思っている事自体、この問題が発生してから1ヶ月も経っているのに全然本質を理解していない証拠である。社長(当時)の脳内だけに咲き誇る、虚構の"お花畑"には届かなかったようだ。
 第3文、その姿勢はこの問題全体から見れば大した事無いのだが、"使用許諾無く楽曲を使用していた"事を知っていたのならば、なぜ其処で企業として躊躇いを持たなかったのだろうか?仮初めにも「著作権に五月蝿い企業」として存在している企業がやるには余りにもお粗末としか言いようが無い。つまりこの文では、「フラッシュの作者(わた氏)に許可を取ったけれど、楽曲の原作者()には全然許可を取っていない」状態で公表したとしか見て取れない。目先の利益しか見ずに大切なモノを失っている証拠である。
 第4文、此処がの犯した最大の間違いであり、連中が全然理解していない所である。つまり、このフラッシュは元々AAキャラ((初期版のみ)、等)が使われていたものであり、其処から変更の無いままで使い始めたのである。「とは異なる物」と言うが、電話やメールにてその違い、即ち加えられたが何処にあるかを聞いた者がいるが、現在に至るまで一切答えられていないのが実状である。まあ、をパクって商品化したのだからオリジナリティなど有る筈が無いのだが。
 第5文、この文で何とか辻褄を合わせているようにしようとしているが、其れが9月8日に出した見解と思いっきり矛盾したものである事がわかる。要するに、8日に"にインスパイされ"とある時点で「が充分に関係ある」物である事を言っているのである。"海賊版に対抗する"事も其れが直接AAキャラのグッズを制限する事に繋がり、実際問題何もわかろうとしていない事が目立つ。
"皆さんの気持ちの中では、「同じようなもの」というように捉えられたのだと思います。"同じようなものではなく、完全に同じ物であり、此処にも逃げの要素が随所に見受けられる。捉えられたのでは無く、実際にが金儲けの為だけに盗作した事実が此処に存在している事を知らない振りをしているのである。非常に愚かとしか言いようが無い。
 第6文、此処は完全に必要無い文章である。敢えて言うならば、殺人予告があった事をに示し、自ら被害者面をしようとする為だけに存在する文であり、実際にそうなった。権力者に媚を売るだけの糞は本題から外れた殺害予告だけを報道し、本来加害者であるを被害者に仕立てる偏向報道をさせたのである。
 社長(当時)は一般常識を持った企業市民なら絶対やらない卑怯者にしか出来ない所業をやっているのだが、この殺害予告も、でユーザーが発見する以前に発見していたり(通常はこんな事は無い)、14件も書き込まれていたと言ってみたり(実際は確認しただけで5件)、被害届を出してなかったり、2件目の書き込みが社外取締役兼社長の率いるの会員専用回線からだったりするなど、不自然な点が非常に多い。
 後に犯人が逮捕されるが、それでも社員による疑惑が完全に払拭されたとは言えないのである。
 に告ぐ。
 直ちに「はオリジナル」である事を撤回し、ネット上のフォークロアである代表的AAキャラクター「」を剽窃した事を認めよ。
 …尤も、DQN量産組織である教団・に属する者がトップにいる限り、真実を受け止める事は不可能なのだが(苦笑)

拍手[0回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]