忍者ブログ
跡地。
| Admin | Write | Comment |
カウンター

キッズgooはじかれサイト同盟
◆リンク用バナー

1人1日1クリック
プロフィール
HN:
Rabenschwarz
性別:
男性
自己紹介:
メールアドレス:
anti-jasrac_2007jlp★mail.goo.ne.jp
(送る時は、★を@に変えて下さい)
バーコード
ブログランキングリンク

人気ブログランキング 週刊ブログ王
年代別ブログ図鑑

人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
ブログ内検索
最新コメント
[05/27 汐里]
[05/21  寺田隆夫]
[04/17 エディ]
[03/02 kei]
[12/25 yns]
[12/25 行方不明者774号]
[12/21 Rabenschwarz@管理人]
[12/20 sawa]
[11/11  ]
[11/11  ]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 この問題より遥か以前、1998年頃から既にエイベックスではPVや楽曲の盗作を事実上容認しており、盗作疑惑が出た当時から揉み消しばかり行っている。現在に至るまで、もとい現在盗作問題は進行中であり、次から次へとパクリ元が判明するさまは、オリジナリティなど存在しないな活動を事務所並びに企業が推進しているのでは無いかとも思わせる。

(本名:)…良くも悪くもの象徴。カリスマをたてに無茶苦茶な事をやっている。PVはMADONNAの異常に多く、「自分で考えた」と言う割にはは皆無に等しい。歌詞はヒット曲をパクり元にしている。そのため、「」と揶揄される事もしばしば。
盗作元:(「」の曲)、(※""はの造語)、(名曲「」の歌詞をパクる)、…etc.(随時追加予定)
…出す曲全てが盗作と言っても良く、盗作だと騒がれる事"だけ"を狙っているのでは無いかと邪推されるほど。全面盗作のPVもある。エイベックスが盗作検証サイト""に理不尽且つ不当な圧力をかけたのは非常に有名である。
盗作元:(FF-X挿入歌「」丸パクリ)、浜崎あゆみ(二重盗作)、、広島時代の江藤の、近鉄時代の山下の…etc.(随時追加予定)
(本名:)…まず第一印象が「」。勿論出す曲もほぼ全て国内外から(=)しており、最早確信犯の領域である。風呂嫌いのでもあり、「」と称される。
盗作元:…etc.(随時追加予定)
(本名:/)
盗作元……etc.

 所属アーティスト全員を検証したらどの位の資料が出来上がってしまうのか、非常に恐ろしいものである。これだけ以前から盗作問題が叫ばれているにもかかわらず、は事実上容認の形をとっている。
 利益だけを重視しているからである。以前、への、即ちが欠落していると書いたが、その根底にあるものは短絡的思考に基づく短期的利益でしかない。確かに、一度ヒットしたものをコピーすればまず外れる事は無く、楽に稼ぐ事は出来る。この延長線上にがある。
 然し、他者ので稼ぐ事が、盗作元アーティストへの冒涜行為であると考えるアーティストはいないのであろうか?本来、アーティストは己の()を駆使し、苦労して楽曲等を製作するものである。その過程ではアーティストは、所謂""を味わい、所属事務所側も其処からヒット曲が生み出されるかは未知数なので予測不可能である。だが、劣化コピーやでは絶対にヒット曲は生まれず、(アーティストとして自覚のある者ならば)"自分の創った曲"が作れないジレンマを持つ事になるのは必至である。
ネット上でのも避けられない。不当な圧力に屈服して、真実を伝える本来の使命を失った既存のになら事実の歪曲やによるも容易だが、ネット上ではそうはいかない。マスコミから何の発表が無くても、他曲のだけで稼ぐアーティストには"(※注)"の称号が付く事必至である。そしてそれを所属事務所や所属企業が、何も対策を講じずに放置していれば、すなわち企業ぐるみで盗作を容認している事に繋がり、実際盗作をやっていない同社所属アーティストも""と認定されるのは時間の問題である。
 その頃には企業そのものも""と見なされ、想像性豊かなアーティストはその企業に見切りをつけていく。後は""として凋落の一途を辿るだけである。
 今のは、凋落するか復活するかの分岐点に立たされていると言っても良いだろう。現状維持が長期的に見てマイナスとなる事に気づき、含む数多のが改善されれば復活、批判に一切耳を傾けず、不正を弾劾する者に圧力をかけて潰す現状維持を続けるのなら凋落、どちらかである。
 だが、現時点ではどちらに進むかは非常に微妙な所である。だから、ブランドとしての力があるとは言え、""と称されたくなければ、への入社は避けて頂きたい。いくら個々が豊富なを秘めているとしても、所属企業や事務所にその環境が備えられてなければそのを発揮する事は非常に難しくなるからである。
 そして、ファンの人達は、このの真実を知って欲しい。幾等""と称されていても、個々の創造力が優れていなければする事は出来ない。""と称される者達がアーティストとして自覚のある者ならば、己のを活かせずしか作る事を許されない環境に対して、途轍も無い息苦しさを感じるものである。現段階に於いて、の事実を受け入れない信者は、""と共にの掌の上でひたすら踊らされ続けるでしか無く、企業や事務所だけかる為だけの道具になっている。それでもを好むと言うのなら、パクり元、即ちの方を是非聴いて貰いたい。とは、対象者のが十二分に発揮された曲を楽しむのが本懐ではないのだろうか?
(※注:とも)

拍手[0回]

PR
 予想通り、年を越してもの異常に傲慢な企業体質が惹起したは解決しなかった。むしろ、向こうが解決する姿勢すら見せようともせず、風化させて全てを有耶無耶にしようとしているからなのだが。
 本題に移る。今回の比較対象は、2002年6月にのAAキャラクター、ギコ猫(ギコ)を商標登録しようとした、通称「猫問題」である。
 問題が発覚したのが2002年6月2日18時頃、翌3日の5時にに公開質問状を送付、15時頃HPで商標登録取下げを発表して無事、解決に至る。
 簡単に言うと、2行で終わってしまう。そのくらいの対応は迅速だったのである。にして見れば、その対応が遅かったらどんな事が起きるか想定していたから此処まで迅速な対応が出来たのかもしれないが、後発ながら対応を長引かせて泥沼にはまったのがである。企業が真摯に対応すれば2日で解決出来るのである。然し、はまとめサイトに対する圧力と非常に杜撰な電話対応、顧客の完全無視と昔からの盗作体質、そしてマスコミへのの煽動で強引に推し進め、問題勃発から4ヶ月目に突入した現在も未だに解決に至ってないのである。
 この明らかな違い…其処には企業倫理や企業体質が非常に大きく絡んでいると考えている。
 と言えば…昔から玩具製造会社として発展し、だっこちゃん人形やリカちゃん人形など、数多くのロングセラーのある老舗である。かたやは…貸しレコード業から急速な発展をしているものの、結構前から存在している所属アーティストの数多の盗作問題、CCCDの強引な推進によるトラブル、挙句に現在の社長は2004年8月の社内紛争で成り上がった者、など何かと普通の企業では見られないネタがどっさりある。
 猫問題が発生した時はタカラは"極悪企業"と呼ばれた事さえあったが、と比べれば極悪とは呼べないものである。むしろ、盗作(=窃盗&詐欺)や圧力(=脅迫)をしても平気でいられるこの異常な企業体質のは、最早犯罪企業と称されても可笑しくない存在なのである。
 …タカラ(3月からタカラトミーになる)にAAキャラのグッズ作って貰うか?w

拍手[0回]

 未だに解決していない""を知る者なら最早説明の要らないキャラクター、其れがである。
 全ては、今やネットの公敵であるが、本来なら「影響された」事を表すInspireを盗用・パクリの意味で誤用し、"盗作・パクリ"の意味で頻繁に使われることになったを皮肉にも生み出した事に起因する。
 のふざけた対応に対して、(AAサロン板、ニュース速報VIP板、モナー板etc..)で「伝統的な馬の鞍につける水袋の紋章にインスパイアされて」作られたキャラクター、其れがである。当然ながら、の扱いは他のAAキャラクターと同様、排他的権利を行使出来ないである。
(紋章だけ見てると水袋に見えないのだが…(汗))
 …で、我も即興での企業体質を風刺するキャラクターを作ってみた。

のまっつん

 PC付属のペイントで描いた物なのでクォリティは著しく低い。
 まずで連想したのが所謂""三國で、其処からニダー〈`∀´〉にインスパイアされる。次に、盗作ばかりしている上に無駄にでかい事から、"世界制服を企むモララー"にインスパイア。で、何かインパクトを持たせる為に、レモナのように髪(ヅラ)を付け足してみたら、何と無くバランスが取れて来たので公表しているのである。名称"のまっつん"に至っては、「適当」である(名称まで決めてない)。難点と言えば、ヅラを付けたが為にAAにしづらいことである。ヅラを付けたら何か某企業のお偉方のような顔になってしまったが、一切無関係である事は既に上記に示してある。

2005年1月5日、AA化して見る。
     .____
   ./ Α\
   |__∧_∧_|
  〈丶`∀´〉
  ( 〈V〉 )
  | | |
  〈_フ__フ(c)Rabenschwarz

 尤も、こんな物を使いたいと言う奇特な方がいらっしゃれば、の話なのだが。

拍手[0回]

 で良くも悪くも有名になった空耳の""だが、原曲の"Dragostea Din Tei"は空耳ほど知られておらず、原詞のメッセージが為す意味をわかっている人は殆んどいないのが現状である。
 簡単に言うと、の"Dragostea Din Tei"は失恋の歌であり、決して宴会などのBGMに相応しい曲では無いのである。
 しかし、楽曲を金儲けの道具にしか考えていないでは、キャラクター""と共に空耳ばかりを広げる愚行を繰り返した。その結果、この失恋の歌が酒席で使用される事態が発生しているのである。
 言うなれば、の場にを垂れ流すようなものである。
 これは明らかに原曲に対する、即ち敬意の欠落である。この問題以前からも、では、所属アーティストの楽曲やPV(プロモーションビデオ)の(=・パクリ)が横行しており、全て検証により明らかにされている。
 仮にも独創性のあるアーティストとして、プロとして誇りが無いのだろうか?
 特に、は数多の検証サイトや、企業体質とを絡めて独自の曲を作るサイトが立ち上がるほどが多い。そんなの企業体質がこのを惹起したと言っても過言ではないのである。

「インスパイヤと称してやパクリで稼ぐ、汝等がアーティストの名を語る資格は無い」

拍手[0回]

 今日は、超巨大掲示板群内より直接紹介する。

場所:、ニュー速VIP板、過去スレ
該当スレッド(dat落ち)
【田代砲禁止】Bunin'のまネコ'mas【未解決】http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1135451201/

377 名前:某スレ人某スレよりコピペ[] 投稿日:2005/12/26(月) 00:06:09 ID:9+tDTQIW0
18:30解散前に阪急東通りへ行ってのまネコグッズの調査を行う
一軒目の店でDisneyのタグがついた謎のネコ発見
なぜかそのネコは「米」と書かれた酒瓶を持ってる!!!
H氏が目ざとくもディズニー公式のホログラムシールがついてないことに気付く
しかもよく見ると製造がDisneyCultureになってた(知ってる人情報求む)

387 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2005/12/26(月) 00:22:55 ID:g8Xq53tn0
米酒の中身が何かもネズミーに聞けたらいいね。
未確認だとか、海賊版であるという答えであっても
ネズミー側の見解が知れたらいいなぁ。
「あの瓶って、お酒ですよね」

487 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2005/12/26(月) 02:44:17 ID:/uq3IQ7FO
今北
のまマリーはねぇ…酒瓶らしき物持ってるぬいぐるみ、って時点でねずみーの方針からアウトになると思う訳ですよ。
海賊版だときっちり判明したら、少なからずともavexにダメージ来ると思うお(´∀`)

577 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2005/12/26(月) 12:56:37 ID:M3mUhbqlO
昼飯産業
>>553
いや、漏れも頭わるいからこれっていう案があってもうまくまとめられなス
でも大事な事言ってるの分かるお
地道にでもがんがろうジャマイカ
よし豚切るぜ
ネズミーに電凸した
結論はもちろん偽物

のまネコご存じですか?と聞くと「あのネコの奴ですよね」と知ってた模様
「それとマリーのコラボぬいぐるみがありまして…」と言ったら様子変わった
ヤフオクの件話したらURL求められたから上のスレで書いたように検索方法を伝えた
置いてるゲーセンの名前も伝えた
酒ビン持っててイメージ悪くなるのも伝えた
納得して聞いてくれた
いい女の人だった
携帯からだと長文ムズカシス
今出てる話と意味のない事ですまん
漏れに出来るのは今この位だ
難しい話は苦手だ、すまん
帰ったらPCからもう少し分かりやすく書いてみる
報告でした
みなさかなーほっしゅage

のまマリー1
のまマリー2
のまマリー3



 類は友を呼ぶとは良く言ったものである。
ただ、「著作権に五月蝿い」自称しているの事、この海賊版を報告されてもダンマリを続けるのか、興味の沸く所ではある。
(ダンマリやったら、其れこそ下がり切った企業としての価値を更に下げることになるのだが)

現行スレ(dat落ち)
【田代砲禁止】のまネコ~lose control~【未解決】http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1135615959/

拍手[0回]

 今回は、ネット上の公敵として定着したが、の全責任を擦り付ける為だけに急遽設立した、即ち有限会社について詳しくツッコミを入れる事とする。

<2005年12月23日追記>
 2005年9月8日の公式見解に「著作権管理企業」として突然現れただが、HPに行ってわかるとおり、何も表示されてない所である。業務内容の詳細も無ければ住所、電話連絡先も無い、役員名簿も無ければ代表取締役名も無い。あるのはが出した公式見解とメールアドレスだけである。後に、有志による調査の結果、以下の事が判明した。

社名:有限会社
代表者名:(㈱取締役兼任、別名:、DJ KOTANI、DJ TOMO)
住所:〒135-0016 東京都江東区東陽四丁目1番2号 9F
電話:(03)5633-8266
HP:http://www.e-zen.info/
メール:info@e-zen.info

 この後に、があるといわれる場所を訪問した者がいたが、其の写真から判断出来る事と言えば、「人の気配が無い」「会社として稼動してない」感じがするのである。
 そして、此処にまた突然出て来た株式会社であるが、の8Fにあった会社である。とは無関係なのかと思いきや、実は小谷氏の一族(?)が経営しており、と言っても可笑しくないのである。
 此れにより、が場所すら存在しない架空企業である疑惑は無くなったが、実態の無いである疑惑が残った。と言うのも、は仮にも著作権管理団体と称し、の盗作にして劣化コピーキャラ""の著作権を管理している事になっているのだから、各種見解はから出ていなければならないし、のまネコグッズ生産・販売企業は、当然を経由していなければならないので、存在を知っていなければならない。しかし、実際に公式見解を出しているのはであり、著作権使用料(ロイヤルティ)はを経ずにに直接行っているのが実状である。しかも、グッズ生産・販売企業によっては、の存在すら知らない所もある。
 この段階で、著作権管理企業と銘打っているが事実上機能していない事は明確である。此等の事から、である事はほぼ間違いないものとなった。
 さて、今やとして定着したあるZENだが、が10月12日に出した見解で引っ掛かる所が出て来る。
 この文で、はライセンシー(著作権使用者=グッズ生産・販売企業)からロイヤリティを受け取らないとしている。実は此処でであると表明しているようなものである。然し、この文ではロイヤリティを直接受け取らないと思える文章に見えるが、方法によっては間接的に受け取る事が可能なのである。其処で大きく関わるのがである。即ち、HNAやTAITO等がグッズ生産・販売で発生したロイヤリティを名義で渡し、に"譲渡"する形である。これだとは間接的ながらロイヤリティを得ている形となり、責任を全てに押し付ける事が出来てしまうのである。
 尤も、考え過ぎと言われれば其れまでなのだが、相手が数多の盗作と詭弁で悪銭を稼ぐ企業ゆえ、上記の事も懸念されるのである。

拍手[0回]

 「は終わった」とか「終結した」と大法螺を吹いているブログやHPを見るが、2005年10月12日にで出された、的外れな公式見解に解決点を見出せるような文は何処にも存在しない。
 元はと言えば、著作権者不明のや、(著作者ははっきりしている)、等のキャラクターが出演しているフラッシュを、の後に、「」と勝手に名前を付けオリジナルと詐称し、グッズ生産を強行した事がこの問題、もとい、この戦争の全ての始まりなのである。
 は、この問題の本質である"「」がのパクリである"真実に対して此れを一切認めようとせず、只管無視とダンマリを続ける事によって風化を狙っているのである。然し、「風化≠解決」なのは普通に考えれば自明である。が起こした問題なのであるから、その解決に大きな代償が掛かるとしても、それが、元々ネット上のフォークロアであるを軽はずみに"営利目的"で「オリジナルキャラ」と詐称した事が原因なのである。
 を盗作して「のまネコ」とした事を認め、それと共に各種グッズの生産・販売を中止する事、それが解決への唯一の道である。尤も、この企業体質から判断するに、パクリに対する謝罪までは全く期待出来ない。むしろ、上記の事を直ちに実践する事こそが解決への道を導いて行くのである。
 仮に、この問題が解決されぬまま風化されたとしよう。その悪影響は、ネット上のみに留まらない、全ての創作物が""の一言で別人の物とさせられる事態が発生するのは想像に難くない。企業は良くも悪くも前例を重視する。それを考えれば、今回の問題を前例としての如き暴挙を働く企業が出て来ないとも限らない。むしろ出て来る可能性は高い。
 それは、「ものつくり」で発展した日本と言う国家の、国益に相反する愚策中の愚策であり、個人の創造力を著しく減衰させる原因に繋がりかねない。
 は、責任逃れのみを目的としたの設立もそうだが、目先の欲に捕われて開けた"パンドラの箱"を、自分の手で閉めなければならないのである。

拍手[0回]

 またアルコール関連なのだが、昨日の時点で、ドットコム()が復活したとの事。の"あんたが主役!"セットと組み合わせれば、完全なセットになる訳なのだが、このサイト、酒類の通販サイトとしてはツッコミ所が多過ぎるのである。だから、本来ならば前回の記事の追記とすべき事なのだが、前回で充分長いので分けて書く事にした。

beisyu.comトップ
beisyu.com宣伝部分


 まずトップページ。CDジャケットに描かれていたキャラ「」をラベルにしている事がわかる。一応ラベルに酒と書いてある事から酒類だと思うのだが、言い訳(逃げ口上)を繰り返すの言い分では「中身は酒では無い」事にしている。此処に於いて、2社の詭弁は脆くも崩れ去っている。

商品紹介


 商品・ラベル紹介ページである。さて、此処のツッコミ所、其れは中身が何なのか全く表示しておらず、(仮に酒類であるとして)度数表示も全く無い所である。
つまり、この時点で()違反が明らかになる。

問い合わせ画面


 問い合わせの画面である。何と、メールでしか受け付けず、ドットコム()の住所や責任社名、電話番号や注意事項等全てが表示されていないのである。此れはで抗議されたくないが為に取った非常に稚拙な手段で、明らかにに基づく表示義務を怠っている何よりもの証拠となる。
しかし…、この非常に内容の無いサイト、何処か勃発と共に急遽設立した有限会社ZENと同じような感じは否めない。

 2006年12月22日、忍者ブログへのデータ移行と共に、有限会社ZEN未だに存在している事を確認。但し、件のbeisyu.comは既に消滅している。

拍手[0回]

 今回は、関連グッズを企業ごとに詳しく説明して行く予定だったが、其の前にグッズ全体に関わる問題点を此処に提起して置く必要がある。(大方は前回の記事に記してあるゆえ、其処を参照して頂きたい。)

 問題点を纏めると、大きく次の3つに集約される。

1.関連グッズが、所謂「・フラッシュ」の歌詞と相俟って、どれも未成年の飲酒並びに、より起因するアルコール・ハラスメント(通称:)を助長している事(特に"あんたが主役!"セット推奨しているようにしか見えない)

2.ネット上のを盗作してキャラとした経緯から、上限り無く"黒"に近いである事。

3.キャラクター「」が酒をがぶ飲みしている場面が(の言う「マイアヒ・フラッシュ」で)頻繁に見られる事から、動物虐待にあたる行為に至る者が想定される。

 今回は、この3つの要素の中で特に問題視しなければいけない1を取り上げる事とする。

 まず1であるが、キャラクターグッズは大抵は1個1個の値段が安価で、結構気軽に買える為に、子供の小遣いでも容易に手に入れる事が出来るのが特徴である。其処からキャラクターの人気を広めて行こうと判断したのであろうが、「」は一升瓶に入った酒をがぶ飲みする、キャラクターである。酒と切っても切れないキャラクターを、ゲームセンターや店頭などで容易に手に入れる事の出来るグッズとして、未成年者、特に子供に持たせるのは、未成年に対して飲酒に関心を持たせていると言っても過言では無い。
現に、彼方此方のを回ってわかったのだが、既に「飲ま飲まイェイ」の空耳部分に影響されてか、飲酒に手を出してしまった中学生のまで見つけてしまったほどである。(ニュー速系板で、この中学生ののURLを公表するかどうか一時期議論になったが、流石に其れは拙いと言う事で、現在公表しない方向で話が纏まっている)
 尚、フラッシュの中で「飲ま飲まイェイ」の空耳歌詞とともに、一升瓶を持って中の米酒(イメージとして日本酒が近いだろう)を喇叭飲みしているしているシーンから、現に宴会(時期的にパーティ、そして新年会等)の席でこの空耳歌詞とともに周囲から煽られて酒を大量に飲まされる、アルコール・ハラスメントの起こる危険性がある。アルコールに強い人ならまだ何とかなるかも知れないが、日本人は(肝臓内のアルコール分解酵素が少ない事から)酒に弱い人が多いという。そんな中で空耳歌詞に合わせて上司や先輩から飲まされるのは、正直地獄であり、を惹起する原因になる。(、酷い時には其れが原因で死に至る事もある)
 さて、其れでは「酒で無ければ問題無かろう」と思う人もいるかも知れない。しかし、其の考えは非常に甘い
 例えばジュースの。大抵のジュースには予想以上に糖分が含まれている。それ故に、軽いと、酷いと若年性(中年に至る前に患ってしまうの事)の原因となる。特に炭酸系のは我の経験上、非常に危険な行為である。通常でも、炭酸系を飲んだ後はゲップが出る。正体は主に炭酸系に含まれる炭酸ガス、即ちの泡と、の際に一緒に吸い込んでしまう空気である。通常、水や其れに近い粘性に乏しい液体は、飲み込んでからほぼ1秒足らずで胃に到達する。そして、其処で発生した気体は行き場を失って、結局は咽喉を逆流して口から出て来るのである。しかし、の場合は二酸化炭素の泡が逆流する間も無く大量に液体が入って来るため、食道の半ばでの大きな泡が詰まり、液体は咽喉で詰まる形となる。量が少なければ噎せるか吐くかのどちらかになるのだが、量が多いと吐く事も噎せる事も出来ず、一種の窒息状態に陥ってしまう。私自身、幼い頃これで本当に大変な目にあった事が有り、其の辛さも嫌と言うほど知っている為、同じ目に遭う子供が出てしまう事を危惧しているのである。
 以上は購買者側に危惧される事態であるが、其れに対して販売者側も当然上記の事(酒は特に)を想定の範囲内に置かなければならないのは、特にのプライズ(景品)を生産・販売する真っ当な企業なら至極当然の事であり、想定してない等と言う事はあってはならないのである。
 制度としては、社団法人(社)日本アミューズメント興業協会(以下、)が2004年10月21日に制定した、「アミューズメントマシンにおいて提供される適正景品のガイドライン」(PDFファイル)がある。この中にの景品について、色々禁止している物が並べられているが、キャラクター「」は、以下の2点に抵触していると判断出来る。

II.酒類、および酒をモチーフにした商品
IX.偽造ブランド品や偽造キャラクターを使用したもの等、他社の知的財産権を侵害している物品類

 尤も、このガイドラインを知らないが余りにも多過ぎる事を疑問視した私は、11月下旬、このガイドラインの有効性と適用範囲について、敢えて「」の事を避け、一般論を用いてに直接メールで問い合わせてみた。12月6日、事務局でプライズ部会を担当する片岡氏から回答が返って来たので、此処に抜粋する。

●●様

ご連絡遅くなり恐縮です。

JAMMA事務局でプライズ部会を担当しております、片岡と申します。

さて、ご照会の件ですが


ガイドラインは、今後企画、製造されるものに対しても含まれます。

また、社会情勢の変化等により一般社会における倫理観も変化しますので、ガイドラインの改定される都度検討して参ります。


ガイドラインに違反すれば、最終的にはJAMMAからの退会処分となります。また、警察当局への告発もわれわれ業界が行使しうる方策の一つとして予想されます。


以上、JAMMAの活動にご理解ご協力をくださいますようお願い申し上げます。

=================================================
 社団法人 日本アミューズメントマシン工業協会
 業務部 片岡■■
    〒105-0001
    港区虎ノ門1-16-17 虎ノ門センタービル9F
    Tel 03-5157-5880
    Fax 03-5157-5888
    Mobil 090-xxxx-xxxx
=================================================

 こんな感じである。(フルネームと携帯の番号は敢えて隠した)
 多少曖昧な感じは否めないが、"今後企画、製造される物も含む"と言う事は、今はには並んでいないが、物として可能性があるグッズもガイドラインの適用範囲になると解釈出来る。そして、此処と似たような組織に、社団法人(社)全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(通称AOU)がある。此処は特にガイドラインは制定していないものの、アミューズメント施設業界では唯一の公益法人である。
 他にも、イッキ飲みやアルハラに関する組織・団体として、NPO法人アルコール薬物問題全国市民協会アスク(通称ASK)が挙げられる。既に9月13日の段階で、に緊急の要望書を発送している。この時はまだ初期であったが為に、向こうも自己正当化の為だけの回答を返した。要は、無視したと同じような物である。
 今、上記で危惧しているものが現実に起こり得る事となっている。我々に出来る事は、このキャラクター「」が、アルコール・ハラスメントを惹起しかねない要素を持っている事実、そして明らかに酒をモチーフにした商品が彼方此方で出回っている真実を、手紙並びにメールや電話等で知らせ、最早何時起こっても可笑しくない状況にある事を伝える事である。(電話の受付時間は10:00~16:00が殆んど)

拍手[0回]

 前回の時点で、が、事件ばかり強調してを煽動し、肝心のの劣化コピーキャラ「」としてした事実を認めず、グッズ発売を強行する事は明確となった。
 今回は、そのグッズの事である。余りにも種類が多く、また請け負っている企業も結構ある為、企業ごとの説明となる。よって今回はその"さわり"だけにとどめて置く。そもそも、グッズが販売されたのは「」が発覚した9/1に、で既に生産が開始されており、CDに付随する形で販売されていた物と推測される。そして数多の苦情やに対し完全無視を決め込んで多岐に渡るグッズ生産を続けていった。中には、内(わかる範囲では板、板、板)の有志による、電話やメールでの問い合わせ(通称""並びに"")により、グッズ生産・販売を停止した良識が残っていた企業もある。

」関連グッズ生産・販売企業一覧

I.
関連画像(まとめサイトより)
 ※但し、現在はグッズ関連は他社で生産・販売している。

II.ドットコム()…(と思われる)販売予定
 ※該当サイトは只今準備中(12/12に多少見れたが、テスト段階と思われる)
 (12月中旬、販売開始)

III.…携帯、携帯用、携帯用、携帯()、(ロケットに非ずw)、、プレミアムマスコットステージ、マスコットストラップ・コレクションパック、煎餅(付き)


IV.(景品)、、ボイス、あんたが主役ハリセンセット(←・ハラスメント()"推奨"景品)

」関連グッズ生産・販売を中止した企業一覧(2005/12/14現在)

I.株式会社

II.
関連画像(関連まとめサイトより)

III.()、()
 関連画像12(まとめサイトより)

IV.株式会社シャルビー(HP不明)…生地(布地)
 1ロッドで生産停止したものの、電話対応は非常に悪かった。

拍手[0回]

≪ Back  │HOME│

[1] [2]

Copyright c 漆黒ノ軍皇。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]